トップページ > 協会について > 会長挨拶

会長挨拶

一般社団法人
山梨県測量設計業協会
会 長 小林日登士

平素より関係各位には、一般社団法人山梨県測量設計業協会の活動にご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。

当協会は、昭和49年に任意団体として以来、本年で40年を迎えます。この間、地域社会からの信頼を大切にしながら、常に時代の趨勢を見据え、技術研鑚に取り組んでまいりました。

測量業界は既に、人工衛星を利用した測位システムや、光学技術を駆使した高精度な計測技術により、私どもが取得した様々な地理情報が、国民の社会生活を支え、経済活動の重要な情報インフラとして、広く社会に貢献しております。

更に、建設生産システムの効率化や品質向上を目指して始まったCIMConstruction Information Modelingにより、調査・測量・設計の段階から3次元モデルを積極的に導入・活用し、建設事業全体の生産性向上に向けての取組も始まっております。

このように、調査・測量・設計技術者は常に最新のテクノロジーを駆使し、人々の安全と、地域の発展に欠くことの出来ない大切な役割を担っております。

これからも協会は、技術と経営に優れた企業集団を目指し、社会基盤整備の一翼を担い、地域社会に信頼され続けるよう、活動してまいります。

関係各位には 、今後とも当協会に対するなお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。